宮城県菓子店

2018.02.16

㈲雄新堂

東日本大震災復興だより(南三陸編)

蛸のオクトパス君 被災から7年になります。沿岸部で未取材でありました宮城県南三陸町を訪れました。元の町内は嵩上げの工事中で迷路を縫うように通過、被災者の住居は高台に災害公営住宅として建てられ被災された方々の一部が昨年入居されたようです。

 又南三陸町役場もやはり高台に新庁舎が完成し復興事業に一区切りついた感を受けました。

モアイ伝説 そして商店街も高台に移り昨年の3月オープンの「さんさん商店街」「蛸のオクトパス君」(志津川産の蛸の水揚げ日本一))に迎えられ現在28店舗で構成された新しい商店街で海の幸がふんだんに入った「キラキラ丼」(イクラ、マグロ入り)を食した後同商店街内に店舗を構えました「㈲雄新堂」さんを訪ねました。

 お正月の忙しい時期にお伺いしたにも関わらず優しく親切に応対して頂きました。

 津波で全財産を失い通常ですと諦めざるを得ない状況にも関わらず阿部さんは奥様と手を取り合い復興に向け菓子造りに必要な器具類の調達に動き、並大抵の事ではなかったと思いますが先ず仮設店舗「旧さんさん商店街」での営業にこぎつけ日々の生活の中で2年くらい前に南三陸町を訪れて下さいました天皇・皇后陛下さまにお励ましの言葉をかけて頂き大変光栄でした。とお話下さいました。

㈲雄新堂の四代目 阿部雄一さん そのころ県菓子組合の理事及び南三陸支部の支部長に就任され組合発展等にご尽力下さっております。

 ㈲雄新堂の阿部雄一さんは四代目としてその「さんさん商店街」に店舗と工場を構え後継者となる息子さんは山形で修行中とのこと、取り扱っている和洋パン類30種類以上がケースに並べられその中でも一際目に飛び込んできたのが「モアイ伝説」の焼き菓子でした。南三陸志津川銘菓のお土産品になっているようです。又ロールケーキ(チョコ、生クリーム味)も美味かったです。

 (南米チリ)イースター島より震災から2年後にモアイ像5体が送られてきたそうで、海越えて南三陸と絆を結び、町の希望のシンボル「モアイ像」は観光地の一助を担いイベント等に大活躍中、しかし旧町内は未だまだ復興工事が続いておりました。

 宮城県菓子工業組合・佐藤あや子