兵庫県レポート

2017.12.19

姫路菓子まつり2017

児童絵画展など開催

近畿農政局長賞 安達文輝氏(芦屋柳月堂玉川)作品 「第25回全国菓子大博覧会・兵庫(姫路菓子博2008)」の翌年より毎年姫路市で行っている「姫路菓子まつり」を、本年も11月1日(水)から5日(日)までの5日間開催いたしました。9回目となる今回は天候に恵まれ、過去最高となる86,000人もの方がご来場くださいました。

 姫路城の目の前の大手前公園内の会場では、大型テントを設置し、県内の和洋菓子店の匠とみかしほ学園日本調理製菓専門学校の学生による工芸菓子の展示や上生菓子の製作実演、菓子と陶器のテーブルコーディネートなどを展示した「匠の館」のほかに、小型テントにて姫路や県内各地の銘菓の実演・販売や原材料、「城菓町・姫路」の認定菓子、日本一の酒米「山田錦」の米粉を使った新作菓子の展示も行いました。また、特設ステージでは地元のミュージシャンによる演奏や姫路菓子博のキャラクターの「ひめか」と姫路市の「しろまるひめ」によるグリーティングショーも開催し、多くの方に楽しんでいただきました。

姫路菓子まつり2017 大手前公園に隣接する施設のイーグレ姫路では、「夢のお菓子」をテーマとした児童絵画展を開催。姫路市内の幼稚園・小学校から応募いただいた329作品の中から31作品を「スイーツ賞」として表彰し、2作品を「城菓町・姫路賞」として作品に描かれた菓子を実際に菓子として制作しました。施設内では菓子教室も開催し、72人もの方がご参加くださいました。

 最終日の5日には工芸菓子の表彰式を行いました。匠の部の各賞は次の通りです。

【近畿農政局長賞】「涼」 芦屋柳月堂玉川 安達文輝

【兵庫県知事賞】「姫路城」 パティスリー ル・クール 真砂大輔

【姫路市長賞】「陽気」 白鷺陣屋 井上勝仁

【全国菓子工業組合連合会理事長賞】「秋景色」 江戸屋 西裕貴

【兵庫県菓子工業組合理事長賞】「さわさわと」美吉堂本舗 岸野輝之

 また、来場いただいた方に選んでいただく「私が選んだ工芸菓子」には江戸屋の西裕貴さんによる「秋景色」が選ばれました。

 来年は姫路菓子まつりも10回目となります。より多くの方にお菓子を食べて、見て、作って、描いて…と楽しんでいただければと思っています。

 兵庫県菓子工業組合事務局・奥山優子