埼玉県レポート

2017.08.17

組合員の皆様に伊勢菓子博の報告

第56期通常総会報告

伊勢菓子博の埼玉県ブース 4月21日から5月14日まで三重県伊勢市で第27回全国菓子博覧会が開催され大成功に終了しました。当初埼玉県菓子工業組合は参加を見送る方針でありましたが、今回の菓子博覧会もなんとか参加する事が出来ました。ご協力を頂いた組合員と協力会員の皆様には深く感謝を申し上げます。

 当組合は首都圏の会員も多く県民性も手伝って組合員の皆様が菓子博覧会での褒賞を欲しがらない風潮が続いておりました。その為に過去に受賞した機関賞の数が全国1・2を競う少なさです。前回広島大会でも最高の栄誉の名誉総裁賞は0本でした。今回三重県大会にあたり褒賞の行政の指導により透明性を高めるため、消費者審査を導入するなどで各方面から、菓子博覧会のあり方が課題となりました。埼玉県菓子工では意見が相次ぎ理事会では伊勢大会は不参加に傾いておりました。最終的には第一回からの菓子大博覧会連続参加を途切らすのは忍びないとの事で参加いたしました。各県のお菓子の特徴は少しずつ違います。埼玉県の感覚として会場の交通の便が少し悪いかと危惧しておりました。いざ始まれば風光明媚な伊勢志摩と伊勢神宮のおひざ元とあって約60万人の沢山な来場者様に埼玉の菓子を見て買って賞味していただいて大いに埼玉県らしい菓子文化を披露出来ました。菓子博覧会には協賛金とブース設置費用を主とした多額な費用がかかります。当組合としまして出費を最小限に抑える努力をしましたが次の菓子博覧会までの間にお伊勢さん菓子博の清算業務を終わらせなくてはなりません。組合員の皆様のご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

 埼玉県菓子工業組合第56期通常総会が6月20日行田市ベルヴィアイトピアにて開催されました。第一号議案から第五号議案まで無事審議可決されました。1号議案・28年度庶務事項報告承認、2号議案・収支決算審議承認、3号議案・29年度事業計画審議承認、4号議案・29年度収支予算案承認、5号議案・新役員選出承認です。

 新副理事長に川越市のくらづくり本舗中野英幸氏が選出されました。中野氏は埼玉県県議会議員も努めております。県庁との関係強化とパイプ役として組合の為に苦労を厭わないと頼もしい限りです。同氏のお店の紹介は後日、本紙面でさせて頂きます。

 埼玉県菓子工業組合副理事長兼専務理事・中島祥夫