千葉県レポート

2017.07.18

菓子博視察旅行

2日間の見学とPRイベント

フリートークによるPR 去る平成29年5月9日、10日の日程で千葉県菓子工業組合青年部が、菓子博の視察兼サンプリングイベント参加の為、伊勢への旅行を企画。一般会員も参加出来る形で、計11名の参加があった。

菓子博が混雑することが予想されたので、初日は伊勢神宮見学、菓子博は2日目の開場時から入場しての見学とした。

初日は、伊勢までの道中、名古屋にて寄り道をし、昼食、名店街見学をしながら、伊勢に着いてからは、当初、伊勢神宮内宮のみの参拝を予定していたが、時間もあり、交通の便も良かった為、外宮から内宮のルートで参拝出来た。

内宮では、某歌舞伎役者とも出会えたりと、うれしいハプニングもあり、後で調べたら、某歌舞伎役者も、菓子博のイベントの参加者で、その帰りに伊勢神宮に寄った模様である。

その足で、付近の商店街やおかげ横丁も十分過ぎるくらい見学、菓子屋としては、ぜひとも寄っておきたい赤福本店でゆっくりお茶を頂くことも出来た。

その後は、一般会員も参加してくれていたので、伊勢市駅付近の料理屋にて懇親会を行い、初日の日程を盛沢山で終了できた。

「ちばっ娘ミルフィユサンド」配布 2日目は、菓子博会場が開く前から、現地入りし、混雑に巻き込まれないようにしたはずだったのだが、会場に着いたらもうすでに入場の為の行列が出来ていて、盛況ぶりが窺えた。

それでも早めに現地入りしたおかげで、ほとんどのエリアを見学することができた。

午後から、青年部員は今回のメインイベントの千葉県PRサンプリングイベントの参加の為、伊勢舞台に集合し、千葉県柏市のフランス菓子ミレー様よりご提供頂いた「ちばっ娘ミルフィユサンド」計1000個を来場者に配布すると共に、部員は舞台上で千葉県のPR動画を流しながら、フリートークによるPRを行った。

ご提供頂いたお菓子も30分程ですべて配り終え、大盛況のうちにPRイベントを終えることが出来た。

こうして、菓子博視察旅行の全日程を終えた訳だが、当初、計画していた鳥羽方面の見学を削ったことで、全日程を通してすべてじっくり見学することが出来たので、大変有意義な2日間にすることが出来た。

今後とも、千葉県菓子工業組合青年部は有意義な時間になるような企画をしていきたい。

 千葉県菓子工業組合青年部長・鈴木豊