愛知県菓子店

2017.05.22

繁盛企業訪問 岩本製菓株式会社様

代表取締役社長 森清次様(右)と長男・専務取締役 森勇樹様(左) 親から子へ、そして、そのまた子供へと受け継がれて実に60年近くにおよぶ歴史がある、〝ふわっと〟してやさしくてやわらかい味でお馴染みのタマゴボーロを製造しています稲沢市の「岩本製菓株式会社」様をご紹介させていただきます。

 今回の繁盛企業訪問では、代表取締役社長森清次様にお話を伺いしました。

 昭和24年(1949年)に創業された森武彦様(旧姓岩本)から引き継ぎ2代目となられます森社長は、経営理念である「安全でおいしいお菓子を提供することを通して人類の健康、喜びを満たす事である」を実践し、5連ボーロの開発から販路拡大にいたるまで尽力し、今では岩本製菓といえば5連ボーロと言われるような看板商品となるまで育てあげられました。

 創業者であり父である福井県出身の森武彦様は、名古屋市西区の川本ボーロ様で修行をされた後に独立されました。

 昭和22年頃、その修行先で母方の森とめ様と娘の夏代様とお知り合いとなり、夏代様とめでたくご結婚され、後に姓が森となったとの貴重なお話まで頂戴しました。

 創業当時は戦後で食べ物が不足し、子供たちが栄養不足になっていた時に「子供たちが、お菓子を通して栄養満点でおいしい卵を食べられるようになってほしい」との創業者の強い思いが創業の原動力となり、現在にいたります。

 その創業者の強い思いを引き継がれた森社長は、初期は丸くない形をしたボーロが通常だったものを、当時はひと手間かかった高級品だった「まーるいボーロ」の量産を可能にしました。

国産卵黄かぼちゃボーロ㊧・にぎれるスティックボーロ かぼちゃ㊨ また、海外の農産物が問題になった時をきっかけに、「国産原料のみを使用したお菓子を子供たちに与えたい」という思いが強くなり、その後は原材料にこだわり抜いた商品開発を実践されてきました。そして、試作を繰り返し、試行錯誤しても弾けてしまうボーロと戦いながらも、毎日毎日考え続けて諦めませんでした。そして、やっとのことで100%国産原料のボーロの商品化に成功しました。さらにこの商品は、保存料・着色料・香料・膨脹剤を使用しない、体にやさしい森社長が描いた通りの夢のような商品に出来上がりました。

 商品名は「国産卵黄かぼちゃボーロ」と「にぎれるスティックボーロ かぼちゃ」です。2品ともに口どけが良く、のどに詰まらないので、子供に最適な商品として、今では5連ボーロに続く看板商品として親しまれています。

 森社長曰く、経営理念の中のキーワードである「健康と喜び」と「安全でおいしいお菓子」づくりをさらにステップアップさせるためには、当然ですが、5SやHCCAPをはじめ、品質を高める努力を怠ってはならない。そのためにはまず、個々の人間力を良い方向性に向けて高める事が最も重要である。それが出来れば、自然に安全でおいしいお菓子が出来、消費者の健康と喜びに繋がり、良い連鎖とその繰り返しが岩本製菓の発展に繋がっていくとお話されていました。

 この森社長の経営理念と思いは、森社長が引き継がれたように、5月にご結婚された長男である専務取締役森勇樹様に引き継がれ、今後も夢のような現実の商品を生みだしていただける事を期待しながらも、岩本製菓様のさらなるご発展を確信した会社訪問でした。
岩本製菓株式会社 〒492―8181 愛知県稲沢市日下部北町4―5 電話0587―32―5138

 愛知県菓子工業組合・㈱泉屋製菓総本舗専務・伊藤寿朗