山梨県菓子店

2017.05.22

菓子司とき田

地域に密着した素材を生かした製品作り

鬼面クッキー・鬼面まんじゅう 当店は山梨県南アルプス市に父が昭和四十六年に創業した、町はずれにある和菓子店です。父が一代で実績を重ねて礎を築いてきましたが二年前にその父も亡くなり、現在では和菓子とパンを主体に製造販売をしております。また山梨県菓子工業組合が平成二十二年に誕生させた「武田兵糧丸」は各組合の店舗でも販売するようになり、イベント等行事などの時には出品しております。

 当店の地元周辺は昔から屋根瓦製造が盛んな町で、鬼面瓦の製造にちなみ地元商工会とタイアップして数種類の商品を開発いたしました。その一つが「鬼面まんじゅう」と「鬼面クッキー」です。「鬼面まんじゅう」は皮をクッキー生地でバター風味を生かして中に小豆餡を入れて仕上げています。

 「鬼面クッキー」は黒糖とシナモン風味を生かし香り豊かなお菓子です。年齢を重ねた方々にも手に取っていただけるように、ソフトタイプのクッキーに仕上げました。贈答用にも販売しており、特に毎年二月十日・十一日に開催される「十日市」というお祭りに出店し販売しており好評を得ております。

 また、山梨はフルーツ王国であり様々な果物の栽培をしている土地柄です。そのフルーツを使い、どら焼きも販売しています。餡に桃・スモモ・りんご・花梨の果肉を使い地産地消を目指したお菓子となっています。

 お客様の年齢層も幅広く場所柄商店街でも住宅街でもなく、店の周辺は自然豊かなところですが、お客様に足を運んでいただけるように努力しているところです。この春より夫婦二人で営んできたところに一人増え三人になりました。洋菓子も少しずつ販売できたらと思う次第です。これからも家族三人でお客様に喜んでいただける店作りに励んでいきたいと思います。

 山梨県菓子工業組合理事・菓子司とき田・時田晃