宮崎県菓子店

2017.03.21

笑顔を生みます。ひょっとこ堂です。

田中陽一さん 宮崎県では「ひょっとこ踊り」が有名なのですが、ご存知でしょうか?

 私も初めて見た時は大変衝撃を受けましたが、きつねやひょっとこの面をかぶり、赤い法被にふんどし姿で腰を振って練り歩く独特の姿は大変面白く、見るもの皆笑顔へと変えていきます。県北の日向市では毎年全国からひょっとこたちが大勢集まり、町を練り歩く「日向ひょっとこ夏祭り」が開催されています。

 そんな面をかぶった踊り手の様に、顔は見えませんが、お客様の笑顔を生みだせるように日々製造に励んでおりますのが、私たちひょっとこ堂でございます。

 地元宮崎県の果実をはじめとした農作物を使用したゼリーや水ようかんの製造を行っており、宮崎県の代表格「マンゴー」は年間3トンを生産農園から直接仕入れ、自分たちで洗浄・皮むきから手作業で加工を行い新鮮な美味しさを閉じ込めてゼリーやジュースに加工しております。もともと素材が美味しいので、出来る限りたくさん原材料を配合し、素材の美味しさを味わっていただける様に心がけております。

宮崎の果物ゼリー 代表商品はマンゴーをはじめ、柑橘の日向夏、女性に人気のトマト、そしてキウイの4種です。

 工場では2連式のカップシール機とボイル殺菌槽、レトルト殺菌装置を有しており、小~中規模の製造に対応しており、地元の新鮮な果実の美味しさを出来る限り地元で加工してお客様へその美味しさを提供したいと考え、ピューレなどの一次加工の請負も行っています。

 2013年に創業したばかりの小さな工場ですが、創業当初は機械設備による量産に頭が支配され、理念もなく、地元の素材の良さも活かせず、大手が犇めく厳しい市場ばかりに突入していき、あっけなく倒産の危機に立たされました。

 改まって自社と地元を見つめなおし、太陽の国、宮崎県で生産者が手塩に掛けて育ててくださった素晴らしい農作物を活かした製品作りを決意。また、機械化によって「量産」のみを追い求めるのではなく、スペックを活かした「計画生産」に取り組み、働き手の皆さんの働きやすさを実現し、お客様に愛される商品を作り、お客様と作り手が笑顔になれる「ひょっとこ踊りのような仕事づくり」を目指しております。

 最後に宣伝ですが、ひょっとこ堂では各種ゼリー、水ようかん等の委託製造も承っております。特に地元南九州の方はどうぞお気軽にご相談くださいませ。

 宮崎県菓子工業組合児湯支部・株式会社ひょっとこ堂・田中陽一