徳島県レポート

2016.12.21

徳島スイーツグランプリ2016結果報告

徳島県のお菓子を美味しくする

スイーツグランプリアワード 10月21・22・23日の3日間、ゆめタウン徳島において『徳島うきうきスイーツフェスタ2016』『徳島スイーツグランプリ2016』が同時開催されました。フェスタでは、徳島の組合員が菓子販売を行い、来場されたお客様には徳島の素材を活かした菓子の試食アンケートにご協力頂いたほか、和菓子体験教室を開催し、多くのお子様に楽しんで頂きました。

 また、スイーツグランプリのブースでは最終審査に残った5作品で3日間の販売個数を競い、グランプリは「スリービート」(株式会社クリスティーヌ・廣田秀明さん)、準グランプリは「阿波ジャポネ」(菓子工房みずほ・山本和希さん)に決定しました。

知事も販売 最終審査の期間中はテレビ、ラジオ等メディアからの取材も多々あり、県知事には同グランプリの審査委員長を務めて頂き、飛び入りで販売にもご協力頂くなど、多くの皆様からの温かい応援を頂きました。お客様からも「実際に自分の目で見て選べるのが楽しい」と大変ご好評を頂き、徳島のお菓子とお店を沢山の方々に知って頂くことができました。

 イベント終了後、11月28日にはスイーツグランプリアワード(表彰式)&受賞記念パーティーを開催しました。今回の受賞者は2名共に若手のパティシエであり、徳島の菓子業界に実力のある後進が育っていることを頼もしく思うと共に、受賞者をはじめ、今回創意工夫の詰まったお菓子を出品してくれた方々には、今後これを励みにスイーツグランプリのサブタイトルでもある「徳島県のお菓子を美味しくする」に向けて、新しい風を吹かせてくれること期待したいと思います。

 徳島県菓子工業組合理事・吉田恵子