愛媛県レポート

2016.12.21

和菓子講習会を開催

店にあるお菓子にアレンジを

和菓子講習会 愛媛県菓子工業組合では11月15日に和菓子講習会を開催しました。この度は、東京製菓学校の小林紀夫先生をお迎えして和菓5品を教えて頂きました。

 かぼちゃを使った蒸し羊羹をはじめ、五穀ブレンドの大福や焼きまんじゅうなど、どれも人気のあるお菓子ばかりでした。先生に教えて頂いたお菓子をそのまま作るのも結構ですが、みなさんのお店にあるお菓子にアレンジを加えて、また新しい和菓子を考えていってほしいと思います。小林先生のお話では、日頃周りにある素材を使ってそのお店に合った和菓子を考えることが大切だという事でした。

 今回の和菓子講習会は、地元の松山商工会議所の援助を頂き、組合としても日頃あまりお会いできない組合員さん同士、交流を深める場になればと思っております。今年は、全菓連の中四国ブロック会議が愛媛県で行われたこともあり、例年の和菓子講習会が11月にずれ込んでしまい、参加者が少なかったのが少し残念でした。今回の和菓子講習会で学んだことをもとに、新しい和菓子が誕生した時は、組合の広報までお知らせください。

 来年は、9月の初旬を目安に、講習会を開催したいと思っておりますので、皆様方のご参加をお願い致します。

 愛媛県菓子工業組合広報部長・白石恵一