群馬県菓子店

2016.08.17

「変化する時代」

甘楽菓子工房 こまつや

甘楽菓子工房 こまつや 私の店は明治36年創業 今年で113年になる和・洋菓子屋です。

 私で四代目となります。3代目の父が50年ほど前から洋菓子を始めました。

 東京から100キロ 世界文化遺産富岡製糸場から5キロ。上信越自動車道富岡インターと吉井インターの丁度真ん中で群馬県の西南地区を走る国道254号沿いにあり浅間山をはじめ、上毛三山を見渡せるのどかな場所にあります。

 私が、見習いを終えた25年前、平成の2・3年の頃は、今では当たり前のパソコン、携帯電話などは、一般には普及していませんでした。

レモンケーキ 今、パソコン、携帯電話がなければ商売にならない人が沢山います。

 店舗がなくネット販売のみで商売をする人、店舗を持ちつつネット販売を行っている人、店舗のみで来てくれるお客様だけで商売をしている人、さまざまですが「少子高齢」「健康志向」「消費税増税」「嗜好品需要」など時代は変化しています。

 どの時代でも一番強いのは「変化に強い人」です。柔軟な頭と心そして謙虚な気持ちが大切だと思います。

 私は、小学校から高校まで野球をしていましたが、野球のバッティングと同じで直球を打てるだけでは、良い選手ではありません。変化球も頭に入れておく事ができないと変化球には対応できません。また、カウントや、アウトカウント、塁上のランナーと様々な事を一瞬で考える状況があります。そこでひとつの事に捉われず多方面から物事を見るという事を覚えました。

かんらちゃんのバースデーケーキ 時代が変化しSNSなどとても便利な反面、どんどんものすごいスピードで進化して理解しきれませんが、どうせ解らないと思わないで、情報を収集する、教わると時代の流れに対応する事が大切です。

 変化に強い人は、どんな場所、どんな環境、どんな人とでもうまく対応ができます。

 そんな変化に対応できる柔軟な姿勢を整えておけば、困難な時代を乗りこえられると思います。自分の学んできた事、やり方にこだわらず新しい技術や若い人の感性などを取り入れて、日々の仕事を謙虚な気持ちで邁進できれば、この変化する時代も商売を続けていけると考えています。

 群馬県菓子工業組合・山本雄三