東京都レポート

2016.08.17

「ビジネスマナー」について

東京都菓子工業組合協力会第38回通常総会開催             講演会 塚本 晃子 氏

塚本晃子氏 平成28年7月27日(水)に、第38回通常総会が上野「精養軒」において開催されました。

 当日は梅雨明けが遅れ、例年よりは暑さが和らぐ中、37名の方がご出席下さいました。

 黒川耕次名誉会長(三黒製菓㈱会長)、寺本眞一会長(㈱寺本製菓材料社長)のご挨拶の後、司会の後藤真由副会長(内外香料㈱社長)より、本日の出席者は委任状を含め定数を満たしており、本会は有効に成立した旨報告されました。議長には寺本会長が選ばれ、直ちに議案の審議に入りました。

第1号議案 平成27年度事業報告書並びに決算報告書承認の件
第2号議案 平成28年度事業計画(案)並びに収支予算(案)決定の件
第3号議案 平成28年会費及び徴収方法決定の件

 全ての議案が慎重な審議の上、全員異議なく原案通り可決決定しました。

 滞りなく総会が終了し、続いては恒例の講演会が行われました。

 講師にお招きしたのは、塚本晃子氏(ビジネスコンサルティング代表)です。「ビジネスマナー」というテーマでご講演頂きました。落ち着いた雰囲気の中、少しユーモアを交えた話術にぐいぐいと引き込まれていきます。

 マナーは自分の為に必要であり、マナーの良い人は社会から評価されるということです。

 周りの方々への正しい心使い、気配りがその人の評価になるということです。

 色々なシチュエーションでの席順にはそれぞれ意味があり、知っていそうで知らないことに気付かされました。名刺交換のタブーも勉強になりました。

 塚本先生ありがとうございました。

 続きましては、懇親会となりました。

 東菓工組合員と協力会会員、来賓の方を併せて84名の方が 集まりました。

 司会は、二葉晃司氏(二葉製菓㈱社長)です。瀟洒な外面に似合わず、氏の持つ明るい雰囲気は周りを和ませます。

 まず、黒川名誉会長、寺本新会長の順にご挨拶を戴きました。続いて、東京都米菓工業協同組合理事長の碓田幸夫氏(㈱金吾堂代表取締役)、事務局長の原憲太郎氏、全国菓子工業組合連合会から渡辺嘉一郎氏(事務局長)の三氏のご来賓の紹介があり、牛窪啓詞副会長(㈱愛工舎製作所会長)の乾杯の音頭にて開宴し、懇親に入りました。

 東菓工と協力会も懇親の場を多く重ねるようになり、小さな輪が大きな輪になってきたのは喜ばしいことです。おいしい料理に舌鼓を打ち、旨酒に酔い、皆さんの顔も、上野の空同様に茜色に染まった頃、元協力会会長で顧問に就任された外海大六氏(日新化工㈱社長)の中締めにて盛会のうちにお開きとなりました。

 東京都菓子工業組合副理事長・中谷光基(中谷製菓㈱)