イベント開催&レポート,和歌山県レポート

2016.04.18

和菓子講習会売れる商品の公開

製菓原材料総合商社㈱キタタニにて

後列左から栗大福・紀州梅饅頭・焼ショコラ饅頭/前列左から艶饅頭・ずんだ餡のひんやり団子・和風ダックワーズ 和歌山県菓子工業組合の賛助会員である製菓原材料総合商社㈱キタタニ主催・和歌山県菓子工業組合共催による「売れる商品の公開」のテーマで同社の最新の設備が整った講習会場スタージュキタタニに於いて千葉県菓子工業組合副理事長でもある「有限会社 福一」取締役社長の池田尚史氏をお迎えし同社の良く売れる商品を講習して頂きました。当日、雨にもかかわらず組合員中心に42名が参加した。日常の作業に於いて卵白が大量に余るので洋菓子のダックワーズ生地で最中餡をサンドした和洋折衷の「和風ダックワーズ」が福一の売れ筋商品。

最新設備の整った講習会場 茨城県産の自家製で作った生むき栗を冷凍しておき40分蒸しBrix70の蜜に浸ける。

 羽二重餅で包餡した「栗大福」。青大豆を使った「ずんだ餡のひんやり団子」。ココア、練乳、バターをふんだんに使った「焼きショコラ饅頭」。人玉黒糖を使った「艶饅頭」。和歌山県の特産品である梅を使った「紀州梅饅頭」を予定外で特別作って頂きました。

 池田講師の絶妙な話術で5時間の講習が誰一人退屈せず失敗談から「ちょっと」したテクニック等、非常に勉強になったと参加者全員が喜んでおられました。

 また、スタージュはテレビモニターをふんだんに使い手元の作業を映し出し後の席の方も良く見え音響効果も良く素晴らしい講習会場であり㈱キタタニさんは今まで洋菓子の講習会は各月のように開催していますが「和菓子講習会は初めての事なので、第2回、第3回とこれからも講習会を開催したい」と北谷栄市社長の心強い応援の言葉がありました。

 和歌山県菓子工業組合事務局長・高橋義明