秋田県レポート

2016.01.18

地域資源を活用した倶楽部スイーツの挑戦

えだまめスイーツによる地域活性化プロジェクト

◆倶楽部スイーツ

えだまめスイーツ 秋田県大館市内の菓子店舗が2015年1月に、お菓子づくりに関する知識や技術の向上、情報交換、そして新たな大館銘菓を開発することを目的に、市内7店舗の若手後継者で倶楽部スイーツ(代表 ㈲大鳳堂 大塚勇喜)を立ち上げた。

 主な活動として、2014年4月にJAあきた北、大館市、北秋田地域振興局、大館商工会議所が立ち上げた「大館市えだまめ産地育成研究会」が中心となり実施している「えだまめのまち大館プロジェクト」と連携して、えだまめスイーツの商品開発に力を注いでいる。

 今後は地域資源(食材)を活用したスイーツ開発や地元でのスイーツイベントの開催を計画している。

 現在、倶楽部スイーツ共同開発の新大館銘菓えだまめスイーツを試作中で2016年春デビュー予定。

 以下、現時点で各店舗が発売している代表的なえだまめスイーツ一覧になります。

■㈲大鳳堂:えだまめトリュフ200円(税込)、えだまめラスク90円(税込)
 トリュフ…フランス産のビター系チョコレートに乾燥させた枝豆をまぶしております。
 ラスク…大館産の枝豆を生地に練り込で、一枚一枚を丁寧に焼き上げたラスクです。国産小麦を使用した自家製パンが持つ甘みと枝豆の風味が絶妙にマッチした味に仕上がりました。

■大正堂:大館えだまめパウンドケーキ 1350円(税込) ※カット 140円(税込)
 大館産のむき&ペースト枝豆をふんだんに使い、しっとりとした食感の生地で仕上げました。枝豆の豊かな香りと生地の食感が楽しめます。まろやかなクリームチーズと枝豆、無着色(香料、色素)、比内地鶏の卵を使用して自然な美味しさを感じて下さい。

■斎作屋菓子舗:香り五葉かすていら 173円(税込)
 大館産の枝豆「あきた香り五葉」を使用した、枝豆の風味と旨味を閉じ込め、ふわりと仕上げたカステラです。

■㈲島内製菓:五葉マフィン 150円(税込)
 生地に大館産の「あきた香り五葉」のペーストを使用し、芳醇な枝豆の香りが感じられるように配合を調整しました。

■㈱しんこや:枝豆マカロン 130円(税込)
 生地に枝豆粉末を練り込み、サンドクリームは生クリームで炊いた枝豆とホワイトチョコで作ったガナッシュをサンドしています。食感はサックリ、しっとり。ほのかに枝豆が薫ります。枝豆とホワイトチョコの相性も抜群です!

■㈱山田桂月堂:えだまめ羽二重餅 162円(税込)
 枝豆ペースト入りクリームはあきた香り五葉を使用、絹織物の羽二重の様な滑らかな食感を楽しみ下さい!

■㈲菓子舗一ノ関:枝豆のシフォンケーキ 756円(税込)
 生地に二種類のえだまめペーストを練り込み製造。開封した瞬間にえだまめ香りがふわりっと広がります。
 口に入れた時の柔らかな食感と、ほんのり塩味がアクセントとなって美味しさを引き立てます。

■三ッ倉煎餅店:開発中

◆えだまめのまち大館プロジェクト~農商工連携による農業の六次産業化への取り組み~

 コメ依存から脱却し、野菜や果物の生産拡大を図るために秋田県では、重点3品目として枝豆・アスパラガス、ねぎを指定している。

 大館市では、えだまめの産地拡大を目指した取り組みとして、JAあきた北が2014年4月から県内トップクラスの農産物流加工センターを稼動させ、JAあきた北・秋田県・大館市・大館商工会議所で組織されている「大館市えだまめ産地育成研究会」を設立し、大館産えだまめの六次産業化へ向けたプロジェクトを行っている。

 2014年4月からの現在までの倶楽部スイーツのメンバーが支援した取り組みとして、産地の認知向上と特産品開発を目的として大館えだまめスイーツコンテストを2014年9月に開催。32品の応募から「枝豆のさっぱりパンナコッタ」が最優秀賞に選ばれた。

 最優秀賞の作品をどこかで披露する機会がないかと検討した結果、10月に大館樹海ドームで開催された「大館圏域産業祭」で試作販売を行うことを決定し、大館菓子研究会へ依頼。限定100個を製造してもらい、販売し、わずか1時間あまりで完売。

 産業祭後は「大鳳堂」がアレンジを加え開発を行い販売開始、えだまめスイーツ第一号が完成した。

 それをきかっけに、各店舗が開発に乗り出し、2014年11月に大館駅前の朝市広場で開催された「駅―one~あおぞらいち~」では「えだまめのパンナコッタ・シュークリーム・羽二重餅(大鳳堂、大正堂、山田桂月堂)」のスイーツセットを限定100セット販売し、わずか30分で完売。

 さらに2015年2月に開催された「大館アメッコ市」では、倶楽部スイーツ初のコラボ企画「えだまめのシフォン、ショコラ、パウンド、カステラ、マカロン、マフィン、羽二重餅(菓子舗一ノ関、大鳳堂、大正堂、斎作屋菓子舗、しんこや、島内製菓、山田桂月堂)」のスイーツセットを限定300セット&単品販売も行い、大好評のうちに即完売となった。

 同じく2月下旬に開催され500人が参加した「おおだて夜めぐり2015」でも、マカロン250個と枝豆かやき、素揚げが参加者へ配布された。

 2015年8月、これまで各店で開発されたえだまめスイーツをまとめた割引クーポン付リーフレットを「大館市えだまめ産地育成研究会」と制作して、イベントや店頭で配布を行った。

まちあわせハチ公ガールズ 同8月のお盆には帰省客へのPRとして、えだまめスイーツを無償配布した。

 2015年9月、地元高校生コラボ企画として、高校生考案の「えだまめブラウニー」と「かぼちゃとえだまめのパウンド」を大正堂と菓子舗一ノ関が商品化して、イベントで販売を行った。

 また広報として、大館市のご当地アイドル「まちあわせハチ公ガールズ」を起用し、県内外のイベント等で積極的にPR活動を展開して販売促進を行っている。

 大館商工会議所 中小企業相談所 工業振興課 主任・塚田悠紘