三重県レポート

2015.11.17

三重菓子博に向けて

秋のイベントに積極参加

アピタ桑名店で実演販売 本年度より三重県桑名支部長をさせて頂く事になりましたのでよろしくお願いいたします。

 そして早々にアピタ桑名店の実演販売9月24日~27日のご依頼を頂きました。

 私ごとではありますが、アピタ桑名店店長とは会合で会う機会があり、その機会に冗談半分で当方の桑名菓子業組合がアピタ桑名店さんで実演販売をさせて頂けないかとお伺いしましたところ、店長も桑名菓子業組合で参加していただけるとは光栄ですと逆にお願いされ、実現の運びとなりました。

 日時は、シルバーウィーク後でお彼岸のお中日後の最悪の日時だと半分あきらめていましたが、逆にアピタ桑名店店長が、シルバーウィークはお客様が遠出をしているので、シルバーウィーク終了後の方がアピタ桑名店には沢山お客様がご来店をしてお買い物をして頂けると、うれしいお言葉を頂きやる気になりました。

 アピタ桑名店は、アピタの中でも常に売り上げがトップを維持している店舗で、平日でも7000人以上のご来客があると伺い断然やる気を出し、桑名菓子業組合会員全員にご案内を行い10店舗の皆さんが協力していただき、その後会合を5回ほど行い本番の9月24日を迎えました。

 当日は、各店の銘菓の販売および季節の和菓子の栗きんとんを実演販売致しました。さすが実演販売は、お客様が作り方を興味津々にご覧になって沢山のお客様がご購入していただきました。

 そして店長のお言葉通り、おおよその売上金額を維持することが出来ました。

 次回もご縁がありましたら、継続したいと全員が申しておりました。

 次の秋のイベントで、10月24日~25日桑名まつり博のイベントにも参加いたしました。桑名まつり博は、桑名の秋祭りとして定着しているお祭りですので、たくさんのお客様が祭りを楽しみ、桑名菓子業組合も例年参加しまして売り上げも例年並になりました。

 その次の秋のイベントで、11月3日グリーフェスタにも参加いたしました。グリーフェスタも新興住宅で考え出したお祭りで定着していますので、たくさんのお客様が祭りを楽しみ、桑名菓子業組合も例年参加しまして売り上げも例年並になりました。

 まだまだ組合長としては新米ではございますが、桑名菓子業組合の会員さんに助けて頂きまだまだ不景気ではございますが桑名を元気に、そして菓子業組合の発展に微力ながら努力したいと思います。

 また、再来年には三重県で菓子博が開催されます。そのPRにミスユニバース三重の方々が桑名まつり博の会場でチラシを配って頂きました。そして、桑名菓子業組合も11月9日~10日恒例の研修旅行で伊勢志摩に行きメイン会場等の下見も含めて観光に行ってきました。これからもどんどん三重菓子博のPR活動を行い大成功にしたいと思います。

 三重県菓子工業組合桑名支部長・相馬泰夫