各地の菓子店探訪,奈良県菓子店

2015.10.19

―砂糖傳―

奈良の老舗製菓材料問屋

御門米飴 奈良の菓子屋で砂糖傳増尾商店から原材料を買っているところが殆どと言っていい。奈良県だけにとどまらず大阪、京都も営業圏で広く販路を伸ばしている。その店砂糖傳が奈良市の古いまち「ならまち」(奈良町)にあります。

 創業者増尾傅次郎は安政年間奈良町で大和名産の茶を大阪や堺に卸していたがその帰りの便で、当時まだ貴重品であった沖縄の黒糖や阿波の白下や和三盆を持ち帰り商うことになりました。「砂糖屋の傅次郎で砂糖傳だ」と呼ばれたのが屋号の始まりでした。

 以降160年近く、時代の流れに従ってその時々のお客様の要望にこたえての原料提供サービスで現在に至っています。

 営業品目は主要メーカーの各種砂糖はじめ糖化製品、小麦・ライ麦、穀粉・ミックス粉など粉類、米飴、ハチミツ、栗加工品、油脂・乳製品、チョコレートやナッツ、フルーツ類、香料・色素、イースト・膨脹剤などおよそ菓子作りに必要なすべてのものを扱っています。

 そして材料以外にオリジナル商品として「御門米飴」があります。

 米を麦芽で糖化した健康食品飴で奈良町のお土産としても人気を博しています。

 奈良県菓子工業組合専務理事・野崎充亮