各地の菓子店探訪,青森県菓子店

2015.10.19

㈲別当庵 佐藤製菓

『販売促進紹介』

店外七夕かざり 当店〔㈲別当庵 佐藤製菓〕は安政2年(1855年)創業です。私で五代目(65歳)、和洋菓子を製造販売の一般的な店です。その中で、自店で行っている安価で効果的である販売促進を紹介したいと思います。

①チラシを自分で作る。

 通常は印刷屋へデザイン等を依頼するようですが、その場合、A4サイズ片面カラーで1枚約10円前後かかります。(野辺地町は6,500世帯で、印刷は6,000枚作ります。)そして折込料は1枚3円かかり、78,000円前後の経費が必要になります。私はアドビのフォトショップ、イラストレーターを独学で勉強しながら何とか作成しました。その後楽しくなり、一年間チラシを作り続けました。すると2年目からは、そのデザインをベースに、写真の入替えだけで完成する為、とても楽に作ることができます。その原稿は東京近郊の大手印刷屋にメールで送信、問題がなければ自己責任にて印刷され、郵送されます。1枚のコスト約3円前後で済みます。

店内装飾ハロウイン②店内、店外ディスプレー

 菓子屋は外から見ても楽しくなければなりません。思わず入りたくなるような店作りを目指しています。

 最近は安価な100均の商品を多く利用しています。100均の商品に少し手を加え飾っています。

③カッティングマシーンで自作看板

 23年前に店舗を前面ガラス貼りで新築しました。自分で店名、ロゴ、イラスト等を自由に張り替えできると考え、ガラスにしたのですが、業者に見積もりを依頼しましたら20万前後の経費がかかると言われ、断念。色々調べたところ、カッティングマシーンが15万円位で購入できる事が分かり、早速自分で作ることにしました。悪戦苦闘の毎日でしたが、何とか物になり、家中に作っては貼りまくっていました。現在このマシーンは3~5万位で購入できます。色々なPRに使えますので、一度見る価値はあります。

④A1サイズのプリンター

 このプリンターは商品を大きく印刷できるので、店内、店外に効果が大きいです。自分で印刷の原稿を作っていくと、写真屋あたりで1枚2千円~3千円位で作ってくれると思います。ラミネートをかけると店外でもOKですね。

 まだ方法はありますが、私は自分で作ることが基本です。これを作りたい!と思ったら、プロから色々聞き、ネットで調べ、下手でも自分で作ることを目標にしています。とても楽しいですよ。興味のある方は連絡いただければ詳しく説明致します。

 青森県菓子工業組合副理事長・佐藤文雄