京都府レポート

2015.09.17

京都府菓子工業組合青年部 お菓子教室を開催

京都市立嘉楽中学校にて

お菓子教室 京都府菓子工業組合青年部は7月3日(金)に京都市立嘉楽中学校にて、28名のPTAの皆さんと共にお菓子作りを実施致しました。

 今回は上用饅頭、ねりきりの【ひまわり】、きんとんの【紫陽花】を製作。

 まず初めに上用饅頭の製作を開始。普段から見慣れたお菓子の製造工程に皆さんも興味津々の様子でした。制作後、蒸しあがりに期待しつつ、次の製作へ。

 次にねりきりの【ひまわり】を製作。ねりきりの感触に戸惑いつつも、皆さん綺麗な仕上がりになりました。

 最後にきんとん【紫陽花】の製作へ。花の量等、皆さんの自由に付けていただき、それぞれ思い思いの紫陽花が生まれ、盛り上がりました。

 そして、いよいよ蒸しあがった上用饅頭が配られ、ふっくらとした上用饅頭に皆さん笑顔に。

 その後、試食と共に、青年部員への質疑応答が行われ、地域の皆さんと青年部員との貴重な交流の場となりました。

 今回のように子ども達だけでなく、親御さん達とのお菓子教室も青年部にとって大事な交流の場であると改めて思いました。大人と子どもで発想や理解の幅も大きく違い、驚かされました。青年部員には柔軟な対応が求められる教室だったと感じました。

 今後もPTAやおやじの会、地域の方々を交えた、交流の場を広げていきたいと思います。

 京都府菓子工業組合青年部広報・西井一樹