島根県レポート

2015.09.17

和菓子祭 大盛況

来年は夢みなとタワーにて開催

和菓子祭 2年前に安来菓子工業組合の組合長になったのをきっかけに、これまで米子で4回の和菓子祭を開催した経験をもとに、安来でも和菓子祭が出来ないかな?と思い組合員に声を掛け、昨年2014年の6月15日に第一回安来和菓子祭が実現しました。安来と米子の菓子店10社が参加。

 前売600円で食べ放題、お茶飲み放題。

 会場となった道の駅「あらエッサ」には、初夏の炎天下に開場前から100人以上が行列し、十分に用意したつもりの和菓子は昼過ぎに次々と品切れという大盛況でした。

 境港の夢みなとタワーの知人から声がかかり、同年12月1日に境港菓子工業組合のメンバーも加わった15社参加の賑やかな和菓子祭は、来場客数1,200人超えと言う、これまでで最高の人出で賑わいました。

 その後2015年5月17日(日)、安来では2回目の「和菓子祭」を道の駅「あらエッサ」にて開催、来年1月には夢みなとタワーにて通算8度目の和菓子祭を開催予定です。

 菓子を作る、売るは日常ですが、目の前でお客様が食べて下さる光景はなかなか目にしません。

 自社の菓子を美味しそうに食べて下さる様子は「この商売してて良かった」と思えるひとときです。

 日本の伝統的食文化である「和菓子」により広く親しんで頂くためにも、このイベントは続けていきたいと思っています。

 島根県菓子工業組合組合長・㈱みつよし 代表取締役・森廣功