北海道レポート

2015.09.17

菓子職人レベルアップ事業

組合員の技術向上に活用を!

 北海道菓子工業組合では、一般社団法人北海道洋菓子協会並びに札幌商工会議所等とコンソーシアムを組織し、道内菓子業界の技術向上に向けた研修会やコンテストの開催、各種メディアによる店舗や商品等のPRを通じて菓子業界の振興を図り、ひいては菓子製造企業従業員の処遇改善(賃上げ)を促進する標記事業を北海道より受託し実施することとなりました。

 事業の内容は、北海道菓子職人の技術向上のための講習会やコンテスト、主に業界経営者の方を対象とした各専門家による講話、観光客や一般消費者向けのPRツールとして、北海道各地の菓子店や商品の情報を紹介するスイーツガイド(冊子とホームページ)の作成等を行います。

 業界経営者の方を対象とした講話と菓子職人の技術向上のための講習会は今年の10月~11月にかけて道内4か所(道東・道北・道南・道央)8会場で開催されます。1会場につき専門家による講話と和菓子または洋菓子の技術講習会の2講座を行い計16講座予定しております。講話の講師は道内の方にお願いし、テーマはノロウイルス対策と菓子製造の衛生管理、コンビニに対抗できる菓子店経営、商品開発のヒント、残業削減と効率的な時間管理の中から1会場1つのテーマを予定しております。技術講習会は和菓子・洋菓子ともに講師は道外の菓子職人(パティシエ)の方にお願いし、和菓子では北海道銘菓の提案や工芸菓子、洋菓子はチョコレート細工、飴細工のデモンストレーションなどをテーマにご指導いただく予定です。今回の事業は道内菓子職人の工芸菓子を含む技術向上、技能継承、後進育成そして今後の菓子イベントへの参加につながるきっかけになるよう期待されております。組合員の皆様には、是非この機会に参加され技術習得等ご活用いただきたいと思います。

 北海道菓子工業組合事務局長・渥美さよ子