岩手県レポート

2015.06.15

共同購入事業を拡充

平成27年度総会

平成27年度総会 岩手県菓子工業組合(齊藤俊明理事長)の平成二十七年度総会は、去る五月三十一日、一関市千厩町のサンプラザ及善で開催され、平成二十六年度の決算のほか、岩菓工だよりの発行、組合員共同購入の拡充などを盛り込んだ計画を採択した。

 齊藤俊明理事長は「昨今のとりまく情勢により、菓子業界も厳しいが組合員皆さんと協力して事業を推し進めてまいりたい。特に、各種共同購入を充実し、組合加入のメリットが実感出来るよう取り組んで参りたい」と挨拶した。

 事業報告によると、平成二十六年度は、旧事務所入居マンションを売却し財政の健全化に努めたほか、事務所併設の菓子展示スペースを整備し、岩手県の観光関連産業と連携出来るように取り組んだ。

 齊藤俊明理事長は、三重菓子博に向け、平成二十九年春までに更なる準備作業を進めるほか、共同購入事業を拡充し、多様なニーズに応えるよう取り組む意向と語った。

 岩手県菓子工業組合・小沢仁