その他の表示(栄養成分表示・SQマーク)

栄養成分表示

栄養成分の表示は平成27年4月1日より義務化されました。加工食品の移行経過措置期間は、5年間(平成32年3月31日まで)です。エネルギーやビタミンなどの栄養成分に関する何らかの表示をする場合には、その事項だけでなく、標準的な事項についての表示が義務づけられています。

表示事項としては、熱量(エネルギー)、タンパク質、脂質、炭水化物、食塩相当量について栄養成分の含有量をこの順で記載することになっています。

 

SQマーク

SQマーク これは食品衛生法指定検査機関・日本農林規格格付検査機関である(社)菓子総合技術センターが認証しているマークです。お菓子にはJAS規格がありません。

製品の種類、形態、原材料の配合等が様々なため統一的な規格を定めるのは不適当なためです。

このため、消費者の皆様が安心してお菓子を選ぶときの目印として利用されるようにと、菓子総合技術センターが菓子類の安全と品質保証に必要な項目について試験・検査を行い、さらに表示内容等を審査して合格した商品につけられるマークです。

昭和62年に始まったマーク制度ですが、まだあまり普及してはいません。今度、お菓子屋さんで気をつけて見て下さい。

△このページのトップへ