知っておきたいお菓子の表示

お菓子の表示は、消費者がお菓子を購入するときに、お菓子の原材料や賞味期限、内容量、保存方法、製造者名など、その内容を正しく伝える重要な情報源です。

表示には、加工食品としての一般的表示、アレルギー物質を含む食品の原材料に関する表示、遺伝子組換え食品に関する表示、栄養成分表示、リサイクル対応のための識別マーク表示等があります。

これらの表示をみることにより、このお菓子はどのような材料で出来ているのか、内容量はどれくらいか、どのように保存すればよいのか、いつ迄に食べればよいのか、などが判るようになっています。

項目 表示の方法
名称 そのお菓子の内容を表す一般的な名称
原材料名 使用した原材料を重量の割合の多いものから順に表示する
内容量 計量法に基づきグラム、ミリリットル、個数などの単位を明記して記載されています
賞味期限あるいは消費期限 「平成○年○月○日」などと表示されます
(詳細はコチラへ)
保存方法 「10℃以下で保存すること」などと表示されます
(原産国名) そのお菓子が輸入品である場合に記載
製造業者名 商品の表示に責任を持つ業者の氏名・住所。原則として製造業者ですが、製造業者と合意があれば販売者でもよいとされています

この表示は、農水省のJAS法に基づく「加工食品品質表示基準」に基づくもので、食品衛生法やその他の法律と整合性が取られています。

食品の表示について更に詳しく知りたい方は↓をクリックして下さい。

消費者庁
「食品表示について」
http://www.caa.go.jp/foods/index.html

△このページのトップへ