食生活の指針

最近食生活が乱れ、栄養バランスの偏りや生活習慣病の増加などが目に付くようになったということで、文部省、厚生省、農林水産省が共同して「食生活指針」というのをまとめました(平成12年3月)。

健全な食生活を通じて、健康の増進を図り、生活の質の向上等を目指そうというものです。

次の10項目からなっています。お菓子と炭酸飲料で食事代わりなんてことのないように、全体の食生活の中に上手にお菓子を取り込んでいきましょう。

☆ 食事を楽しみましょう

☆ 1日の食事のリズムから、健やかな生活リズムを

☆ 食文化や地域の産物を活かし、時には新しい料理も

☆ 適正体重を知り、日々の活動に見合った食事量を

☆ 主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを

☆ ごはんなどの穀類をしっかりと

☆ 野菜・果物・牛乳・乳製品・豆類・魚なども組み合わせて

☆ 食塩や脂肪は控えめに

☆ 調理や保存を上手にして無駄や廃棄を少なく

☆ 自分の食生活を見直してみましょう

△このページのトップへ