お菓子と健康

お菓子は楽しく食べましょう

私達の生活の中に定着しているお菓子、人と人とのコミュニケーションを図るとき、その間にお菓子が、必ずといっていいほど登場してきます。

旅行のお土産、お見舞い、冠婚葬祭等の記念日に、また、ホロ酔い気分で帰宅したお父さんが、片手にケーキの箱をぶらさげている光景は、定番?になっていると思いませんか。

でも、最近は、甘いものは太る、成人病が心配などの理由から、どうも悪者扱いになっているようです。

ここで、少しお菓子を見直してみましょう。

お菓子によく使用されるあんこは、小豆ですが、これには、タンパク質や繊維が以外に多く含まれているんです。

昨今のヘルシー思考から、野菜のケーキなんていうものもあります。

お芋や寒天も、健康食品の一つです。

こんなふうに考えると、工夫次第で、お菓子も楽しく、ヘルシーに食べることが出来ます。

お菓子に欠かせない砂糖は、私達の脳細胞の唯一栄養源なんです。

疲れたときの、一粒の飴やチョコレートが、疲労回復剤となってくれたという経験は、どなたにもありますでしょう。太るからといって、好きな甘いものを制限していると、ストレスがたまって逆効果です。

食べる時間や適量を知っていれば、決して太ることはありません。
お菓子の必要性を正しく理解して、毎日のおやつにお菓子をとりましょう。

△このページのトップへ