日本のお菓子歴史年表

(製菓衛生師全書(1999年版)を基に各書より編集)

時代 区 分 西暦 歳事 年号
上 古 時 代 紀 元 前 縄文式文化の頃農耕中心の生活でほしいい、焼米、米の粉、豆の粉のほか、餅や飴などを製す。  
神武天皇、大和高尾で水無飴を製す。  
大 和 時 代 61 甘葛煎(あまづら)、甘草飴を甘味料として用いる。  
71 田道間守(たじまもり・菓祖神)が垂仁天皇の命を受けて橘を常世国(註)に求め10年を要しその実を持ち帰ったが、天皇はすでに亡く、その陵前で断食して殉死したとつたえられています。(註)中国の南部からインド方面(神話)  
552 搗栗、焼栗、干柿、大豆餅、小豆餅などを用いる。百済から仏像、経論が伝来する。  
609 小野妹子が遣隋使として送られ、中国大陸から菓子が伝わる。  
701 大宝令により大膳職は餅係を置く。 大宝1年




705 遣唐使により、唐菓子8種、菓餅14種が伝えられている。 慶雲2年



737 但馬国から阿米(飴)が献上される。 天平9年
738 正倉院文書のうち「淡路国正税帳」に大豆餅、小豆餅、煎餅、浮餡餅の名が見える。 天平10年
754 唐僧、鑑真が蜂蜜、石蜜、蔗糖、甘蔗をもたらす。 勝宝6年



804 最澄が唐より砂糖を持ち帰る。 延暦23年
806 空海、唐国から煎餅の製法を伝える。 大同1年
815 近江崇福寺僧、永忠は天皇行幸のとき、茶を煎じて奉上、この頃から唐菓子の輸入が増える。 弘仁6年
857 雑餅として大餅(祭祀料)、小餅(吉例用)、薄餅、赤餅、白餅、黒餅などが多く用いられる。 天安1年
860 麦の粉製の「青ざし」が作られる。 貞観2年
927 律令の施行規則として「延喜式」が著され、大膳職の菓子原料に糯糒、栗糒、大豆、小豆、胡麻、味噌、塩、甘葛、栗、薯蕷、梨、桃、柚、油、橘が登場。 延長5年
1005頃 「源氏物語」に椿もちひ、粉熟の名がみえる。  
1069 羹(あつもの)の使用盛んとなる。(48種) 延久1年






1191 禅宗の臨済宗を開いた栄西上人が宋より帰国、肥前、博多に茶を植える。 建久2年
1192 明恵上人、宇治に茶を移植する。 建久3年
1214 栄西上人、喫茶養生記を著し、喫茶の風習おこる。茶道の進展に伴いそれに使用する菓子として点心が発達する。羹類以外に麺類も点心として用いられる。主なものはうどん、鶏卵素麺、切麦、葛素麺、水鈍蝶結、きんとん、柳葉麺、桐皮麺、素麺、冷麺など。 建保2年
1241 聖一国師、宋より帰国し酒素饅頭を伝える。鎌倉幕府は風流菓子を禁止する。 仁治2年



1341 林浄因、元より帰化し、饅頭の製法を伝える。 興国2年
1444 砂糖が日明貿易の一部となり薬や高貴者に用いられた。 文安1年
1543 ポルトガル人が種ヶ島に鉄砲を伝える。 天文12年





1549 フランシスコ・ザビエル布教のため鹿児島に上陸する。このとき、カステラ、ボール、金平糖、有平糖、ビスカウトなどを携行してきた。 天文18年
1555 茶道盛んになり、点心に羹、麺類の他に餅類の牛皮餅、葛やき餅、葛餅、わらび餅、拘把餅、五茄餅、笹餅、御所様餅、ちまきその他が茶味として用いられる。 弘治1年
1560年代 茶道の発展により、葛餅、蕨餅、笹餅、粽が生まれる 永禄年間
1569 ポルトガル人の宣教師ルイス・フロイスが京都二条城で信長にギャマンの壺入りの金米糖を贈る。 永禄12年
1571 信長が元旦に安土城で将に茶や南蛮菓子を振舞う。 元亀2年





1573 南蛮菓子の輸入盛んになる。主なものは、カスティラ、パン、ボーロ、金平糖、有平糖、カルメラ、ビスカウト、鶏卵素麺等。 天正1年
1578 秀吉が北野で大茶会を催す。このとき、練り羊羮が諸大名に披露される。 おこし、米煎餅、きんとん、羊羹、上り餅、みたらし、団子、ちまき、葛餅、わらび餅などが料理から離れる。 天正6年










1589 天草使用羊羹が現れる。 天正17年 
1592 村上等安が肥前名古屋で秀吉にカステーラや南蛮菓子を献上。 文禄1年



1610 奄美大島で甘蔗が栽培され黒砂糖が初めて作られる。 慶長15年
1615 明国の船が紀州浦に砂糖を積んで到着する。 元和1年
1623 琉球で製糖始まる。 元和9年
1624 ポルトガル人が長崎の福砂屋にカステーラの製法を伝える。 寛永1年
1635 埼玉草加で、そばきり、もち、かたもちが売り出され、後に塩煎となる。 寛永12年
1637 京都の菓子司が江戸に牛皮(求肥)の製法を伝える。 寛永14年
1640 この頃京菓子司が江戸へ下る。 寛永17年
1641 オランダ屋敷でパンを売る。 長崎より丸ボーロが佐賀へ、タルトが松山にそれぞれ伝わる。 寛永18年
1658 寒天作られる。 万治1年
1662 中国より白砂糖の製法を習い琉球に伝える。 寛文1年
1672 砂糖の需要が多くなる。 寛文12年
1673 イギリス船リータン号が長崎でビスケットを注文する。 博多の松屋利右衛門が長崎でオランダ人から玉子ソーメンの製法を習う。 延宝1年
1681 長崎の松翁軒がカステラを製造販売する。 天和1年
1683 菓子と水菓子(果物)とが分立する。 京菓子司桔梗屋「菓子目録」作る。 天和3年
1691 「原本朝食鑑」刊行される。 元禄4年
1693 菓子製法「男重宝記」刊行される。 元禄6年
1727 将軍吉宗は甘蔗を浜御殿と吹上園中で栽培し、諸藩に分け、製法技術の伝播につとめる。八僊式料理調理法に五味など書かれる。カステーラ、月餅、ごま餅、かるかん、雲平 享保12年
1741 江戸向島長命寺で桜餅が作られ、江戸人の人気を得る。 寛保1年
1763 「松風」創製される。 宝暦13年
1772 江戸で大福餅が創製されて流行。 安永1年
1775 輸入砂糖の乱用阻止で京都上菓子屋が248軒に制限される。 安永4年
1777
京都に上菓子屋仲間(今でいう製造組合)が創立される。 名物番付「富貴地座位」が刊行される。 安永6年
1785 砂糖会議所が設立される。 天明5年
1789 むだな手間をかけた菓子類が製造禁止となる。 寛政1年
1790 越後で透明な水飴が製造される。 伏見で心天を用いた練羊羹が製造される。 寛政2年
1792 江戸に心天煉羊羹が製造される。 寛政4年
1796 氷砂糖が作られ翌年完成する。 寛政8年
1799 大阪で「粟おこし」が製造される。 寛政11年
1807 江戸で寒天を用いた練羊羹完成し、この頃菓子業界盛んとなり、献上菓子、賛祝菓子として練り物、金華糖、みじん棒、かりん糖、鉄砲玉、金つばの全盛時代である。 文化4年
1842 江川担庵パンの製造を習う。 天保13年
1855 蘭方医柴田方庵ビスケット製法習う。 安政2年






1859 横浜にホテル設立され、菓子商池田寛平西洋菓子を作る。 安政6年
1863 草野大吉が長崎に西洋料理店開業。 文久3年
1866 大賀磯助が長州藩にパン製造補助金を請求した。 慶応2年
1867 横浜元町の中川屋嘉兵衛がパンとバター、ビスケット、牛肉を新聞に広告した。 慶応3年



1868 砂糖販売店越前屋が開業。砂糖専門小売店の嚆矢。 明治1年
1868 風月堂が薩摩藩に軍用ビスケットを納入した。 明治1年
1869 芝に文英堂パン店が開業。翌年銀座に移転「木村屋」と改名 明治2年
1870 東京府開墾局でてんさいを試植する。 明治3年
1871 英国からてんさい糖苗を北海道へ移植する。ハワイ、香港から安い良品の砂糖の輸入増大する。 明治4年
1872 村上光保が明治3年から横浜フランス人サミュエル・ペールに師事して西洋菓子の製法を修得し、宮中大膳職に奉仕した。 明治5年
1873 岩倉具視一行はパリのチョコレート工場を視察、須藤時一郎「万宝珍書」刊行し9種のフランス風ケーキの製法を書く。 明治6年
1874 風月堂本店でリキュールボンボンを製造する。宝露糖と名付ける。 明治7年
1875 米津風月堂で機械を使い本格的なビスケットを製造を開始。 明治8年
1876 木村安兵衛、餡パンを発売 明治9年
1879 八丈島でバター製造される。 明治12年
1884 北海道でてんさい糖13万斥が製造される。 明治17年
1885 菓子税なるものが創設される。対外的配慮から、砂糖に課すべきところを菓子に課された。 明治18年
1890 第3回内国博覧会に初めて京都の飾り菓子と洋菓子出品する。 明治23年
1896 廃止運動が実り、菓子税は10年間で撤廃される。 この頃から菓子の品質も良くなり輸出増大し始める。 明治29年
1897 東京神田にミルクホールが開業される。これを契機に全国各地へ広がる。 明治30年
1899 東京赤坂で森永太一郎キャンデーを作る。(後の森永製菓) 明治32年
1900 パリ万国大博覧会にカステーラ及び京都の飾り菓子出品する。 明治33年
1910 横浜元町に「不二家」開店 明治43年
1911 第1回帝国菓子飴大品評会(後の菓子博)が、東京赤坂三会堂で開催された。 明治44年



1912 第2回帝国菓子飴大品評会が、金沢で開催された。 大正1年
1913 森永がミルクキャラメル(一箱20粒入・10銭)を発売。ポケット菓子の嚆矢となり、以降各地でそ製造が行われる。 大正2年
1916 東京製菓が設立さる(1924年に明治製菓となる) 大正5年
1916 チューインガムの販売会社(りグレー)が創業、全国へ広がる 大正5年
1918 チョコレートが初めて国内で製造される(森永)。 大正7年
1919 第3回全国菓子飴品評会が、大阪で開催された。 大正8年
1921 グリコが創業 大正10年
1921 第4回全国菓子飴品評会が、広島で開催された。 大正10年
1923 第5回全国菓子飴品評会が、福岡で開催された。 大正12年
1923 関東大震災によって洋菓子の技術者が地方に分散し、洋菓子技術が全国に波及。 大正12年
1924 大竹製菓と東京菓子製菓と合併して明治製菓と改称。 大正13年
1925 全国菓子業組合連合会創立される。 大正14年



1926 第6回全国菓子飴品評会が、朝鮮の京城で開催された。 昭和1年
1926 商工省菓子工場調査統計が発表される。全国の菓子生産額は74,260千円、うち東京20,873千円 昭和1年
1926 東京でシュークリームの中毒が相次ぐ 昭和1年
1926 明治製菓がミルクチョコレートを発売 昭和1年
1928 第7回全国菓子飴品評会が、岐阜で開催された。 昭和3年
1928 警視庁、菓子の着色料、防腐剤使用について指導を強化。 昭和3年
1930 大蔵省、商工省に砂糖輸入税軽減を陳情 昭和5年
1931 第8回全国菓子飴品評会が、松山で開催された。 昭和6年
1932 日本製パン製菓学校(神田区新銀町)より第1回卒業生(30名) 昭和7年
1933 第9回全国菓子飴品評会が新潟で開催された。 昭和8年
1935 第10回全国菓子大博覧会が、仙台で開催された。(このときから品評会が博覧会と改称) 昭和10年
1937 菓子生産高 6億5千万円と発表される。 昭和12年
1938 原料ゴム統制で、チューインガム製造禁止 昭和13年
1939 第11回全国菓子飴品評会が、大分で開催された。 砂糖の公定価格制が実施される。 昭和14年
1940 菓子の公定価格制が実施される。 昭和15年
1941 ドロップス、キャラメル、ビスケットが子供用菓子として切符制に。 昭和16年
1941 太平洋戦争に突入。 昭和16年
1941 企業の新規開業が許可制になる。 昭和16年
1942 第1次企業整理行われ、各地で企業の整理統合が進む。物価統制令公布、菓子の製造は不振となる。砂糖は実績による配給となるが1年間で中止される。 昭和17年
1942 東京で菓子配給切符制が実施される。 昭和17年
1943 菓子製造に企業整備令が発令され、菓子製造はほとんど中止状態となる。配給制は乳幼児に限定される。 軍の納入業者以外は軍需工場に徴用される。 昭和18年
1944 空襲激化し、各地で戦災を受ける。 昭和19年
1945 太平洋戦争終結し敗戦となる。 昭和20年
菓 子 大 量 生 産 時 代 1946 菓子企業は全く停止し、食糧は極度に欠乏、やみ市が出現し、失業者はちまたにあふれる。 昭和21年
1946 製菓用砂糖の配給が実施され、菓子類の生産が盛んになり始める。 昭和21年
1947 ロッテ創業 昭和22年
1947 宝くじの景品にキャラメルが使われ人気に 昭和22年
1947 進駐軍の影響でチューインガムが流行。代用原料を使ったチューインガムが市場に出回る。 昭和22年
1948 山崎パン操業 昭和23年
1949 水飴、ぶどう糖の統制撤廃される。 昭和24年
1949 東京都宝くじにチョコレートが登場。 菓子の統制撤廃運動起る。 昭和24年
1950 戦後初めての菓子展が、上野松坂屋で開催さる。 昭和25年
1950 練乳、粉乳統制解除、菓子類価格統制解除される。 昭和25年
1950 菓子の宣伝が盛んになる 昭和25年
1951 食品衛生法の改正で菓子製造業従業員の健康診断が義務化 昭和26年
1951 小豆の統制撤廃される。各地に協同組合、研究所が再興される。 昭和26年
1952 砂糖の統制配給全廃される。小麦粉の統制廃止される。
戦後初の博覧会、第12回全国菓子大博覧会が、横浜で開催された。
昭和27年
1953 東京高等製菓学校が開校(昭和52年に東京製菓学校と改名) 昭和28年
1954 第13回全国菓子大博覧会が、京都で開催。この頃から技術研究団体が各地に数多く発生し、品評会開催が活発に。 昭和29年
1955 京都洋菓子組合が2月13~15日をバレンタイン祭にと全国に呼びかけ 昭和30年
1956 ぶどう糖使用の運動起こる。 昭和31年
1957 第14回全国菓子大博覧会が、長崎で開催された。 昭和32年
1958 まんじゅう、最中の自動包装機完成。和菓子も自動包装の時代へ 昭和33年
1960 食品衛生法により生菓子の定義改正される。 昭和35年
1960 日本菓子専門学校が開校 昭和35年
1961 業界の誇大宣伝と懸賞特売の大規模化で公取委が調査へ 昭和36年
1961 第15回全国菓子大博覧会が、名古屋で開催された。 昭和36年
1962 もち米不足で原料高。米菓業界苦境へ。餅米輸入を再開。 昭和37年
1963 砂糖の自由化が実施される。 昭和38年
1964 ガット11条国、IMF8条国へ移行し、OECDに加盟した 昭和39年
国 際 化時代 1965 第16回全国菓子大博覧会が、秋田で開催された。 昭和40年
1965 糖価安定法が成立。砂糖価格キロ30円の引き上げとなる。 昭和40年
1966 製菓衛生師法施行される。 昭和41年
1967 初の製菓衛生師が誕生する。(製菓衛生師の資格認定試験実施) 昭和42年
1967 大手パンメーカーの菓子進出高まる。 食品衛生法の改正により食品の表示方法施行される。 昭和42年
1968 第17回全国菓子大博覧会が、札幌で開催された。 昭和43年
1968
技術導入自由化が実施される。 昭和43年
1969 経済界の好況と人手不足の深刻化(中卒女子初任給2万円以上)する。 昭和44年
1970 食品衛生法改正により食品添加物規制が強化され、表示の義務化へ。 昭和45年
1970 大手メーカーが本格的にスナック菓子の量産を始め、スナック食品ブームへ 昭和45年
1971 6月チューインガム、9月キャンデー、チョコレート等すべての菓子が自由化された。 昭和46年
1973 サッカリン使用禁止へ(すでにズルチン、チクロは使用禁止) 石油ショック。物価高騰。 第18回全国菓子大博覧会が鹿児島で開催された。 貿易の自由化は100%となり、あらゆる産業が国際化時代を迎える。 チクロ、ズルチンに続いてサッカリンも使用禁止へ。 昭和48年
1975 和洋菓子パン製造に技能検定試験が実施され、全国に初の1級、2級技能士が誕生する。 昭和50年
1977 第19回全国菓子大博覧会が、静岡で開催された。 昭和52年
1980 第1回ホワイトデー開催 昭和55年
1981 2月28日をビスケットの日に決定 昭和56年
1984 第20回全国菓子大博覧会が、東京で開催された。 昭和59年
1984 広域114号事件発生。店頭に毒物入りの菓子を置くた等との脅迫で、菓子業界大きな影響を受ける。 昭和59年
1985 11月7日の立冬の日を「あられ、せんべいの日(ウインター・デイ)に決定 昭和60年
1986 バレンタイン商戦、400億円市場へ 昭和61年



1989 第21回全国菓子大博覧会が、松江で開催された。初の官民共催へ。 平成1年
1990 夏でも溶けないチョコレートを各社発売 平成2年
1991 「ティラミス」菓子が大ブーム 平成3年
1994 第22回全国菓子大博覧会が、金沢で開催された。初めて「テーマ館」設置 平成6年
1995 食品衛生法が改正され、賞味期限表示制度が発足。 平成7年
1998 第23回全国菓子大博覧会が、盛岡で開催された。 平成10年
1999 製菓衛生師養成校における養成内容の充実が図られる。 平成11年
1999 「だんご三兄弟」大ブレイク。だんごが売れた。 平成11年
2002 第24回全国菓子大博覧会が、熊本で開催/次期開催地「姫路」と決定 平成14年
2008 第25回全国菓子大博覧会・兵庫が、姫路で開催された。入場者92万人 平成20年
2013 食品表示法公布
第26回全国菓子大博覧会・広島が、広島市で開催された。入場者数807千人
平成25年

△このページのトップへ