第27回

第27回全国菓子大博覧会・三重

会期

2017年4月21日(金)〜5月14日(日) 24日間

場所

三重県営サンアリーナ及びその周辺

テーマ

お菓子がつなぐ「おもてなし」の世界へ

愛称

お伊勢さん菓子博2017

名誉総裁

彬子女王殿下

大会長

大窪 幹夫(全国菓子工業組合連合会 理事長)

副大会長

鈴木 英敬(三重県知事)鈴木 健一(伊勢市長)中村 欣一郎(鳥羽市長)
竹内 千尋(志摩市長)舟橋 裕幸(三重県議会議長)浜口 和久(伊勢市議会議長)
上島 憲(伊勢商工会議所)

会長

岡 幸男(三重県菓子工業組合 理事長)

ゲートの様子

<< 上の写真をクリックで詳細ページへ移動します >>

会場入場ゲートは、中央ゲート、南ゲート(おもいやりゲート)、北ゲート(団体ゲート)の3ヶ所。

入場者数

東海地方でおよそ40年ぶりの開催となった日本最大級のお菓子の祭典。期間中の来場者は、584,100人。

工芸菓子について

(お菓子のテーマ館 シンボル展示)
シンボル展示は、歌川広場「伊勢神宮 宮川の渡し」の浮世絵をモチーフに江戸時代のお伊勢参りのにぎわいを巨大工芸菓子で表現。三重県内の和洋菓子職人たちが匠の技を結集して、およそ幅10m、奥行き5.5mというスケールにて制作。また浮世絵そのままではなく、宮川沿いの桜並木や海沿いの風景などを組み込み、まったく新しい風景を生み出しました。

受賞一覧

一般菓子機関賞受賞一覧、工芸菓子機関賞受賞一覧、特別賞一覧

△このページのトップへ