第25回

第25回全国菓子大博覧会・姫路

会期

平成20年4月18日(金)から5月11日(日)の24日間

場所

姫路城周辺で開催されました。

テーマ

「姫路城で花開く 平成の菓子文化」

愛称

「姫路菓子博2008」

名誉総裁

三笠宮寛仁親王殿下

大会長

井戸 敏三(兵庫県知事)

副大会長

石見 利勝(姫路市長)

会長

下村俊子(兵庫県菓子工業組合理事長)

マスコットキャラクター「ひめかちゃん」(写真)マスコットキャラクター「ひめかちゃん」

入場ゲート・姫路城オープニング
(写真左)入場ゲート・姫路城 (写真右)オープニング
↑写真をクリックして中にお入り下さい。

入場者数

会期間24日中、入場者総数は92万人を超えました。

兵庫県の和洋菓子職人による共同制作、工芸菓子「姫路城 白鷺の夢」は、大変な人気でした。入場が一時間待ちなど長蛇の行列ができましたので、入口の変更、立ち止まらず見学して頂くなど、ご迷惑をおかけしましたが、人気は盛り上がりが続きました。

△このページのトップへ