第15回

第15回全国菓子大博覧会・名古屋

会期

昭和36年4月3日~4月17日の15日間

場所

名古屋市中区南外堀町愛知県庁前広場特設会場で開催されました。

名誉総裁

高松宮宣仁親王殿下
(高松宮喜久子妃殿下開会式ご臨席)

名誉副総裁

古井 喜美(厚生大臣)

総裁

周東 英雄(農林大臣)

副総裁

桑原 幹根(愛知県知事)
杉戸 清(名古屋市長)
佐々部 晩穂(名古屋商工会議所会頭)
森永 太平(全国菓子協会会長)
若原 譲(全国菓子協同組合連合会理事長)

会長

杉本 吉郎(愛知県菓子商工組合総連合会会長)

過去最多の入場者を記録(写真)過去最多の入場者を記録

<< 上の写真をクリックで詳細ページへ移動します >>

その他

一般市民のお菓子への関心は高く、会期中はダブ屋がでるほどの大盛況となりました。
この菓子博から名誉総裁賞(高松宮賞)がお菓子を対象にした賞となりました。

出品小間の様子(写真)出品小間の様子

出来事

  • 北海道菓子協会創立
  • 全国菓業新聞協会、第1回新聞協会賞贈呈式が全国業者大会席上挙行
  • 全国米菓工業組合発足

世情

  • J・F・ケネディ米国大統領に就任
  • 日本赤十字社、献血運動開始
  • 南極に取り残されたタロ、5年ぶりに帰国
  • ソ連、初の有人宇宙船「ボストーク1号」打上げ成功、帰還したガガーリン少佐は「地球は青かった」と語る。半月後、米国も有人ロケット打上げ成功
  • 電子レンジ国産第1号が発売(価格:125万円)
  • 女子バレーボールの日紡貝塚チーム、海外遠征から帰国、24戦全勝で「東洋の魔女」と称される
  • ブーム「ヘアピース」「ドドンパ」「カミナリ族」
  • 流行語「わかっちゃいるけどやめられない」「インスタント」「高度成長」「トリスを飲んでハワイへ行こう」「銀行よさようなら、証券よこんにちは」
  • 流行歌「王将」「銀座の恋の物語」「スーダラ節」

△このページのトップへ