第4回

第4回全国菓子飴大品評会・広島

会期/場所

大正10年4月1日から15日までの15日間、広島商品陳列所(現・原爆ドーム)で開催されました。

会長

住田 千代松

会場となった商品陳列所(現・原爆ドーム)(写真)会場となった商品陳列所(現・原爆ドーム)

その他

出品人員2,253名、この出品点数は5,462点でした。
出品は、日本国内ばかりでなく、朝鮮、満州、支那、ハワイ等からも寄せられ、受賞されたのは、名誉大賞 7点、名誉金賞 25点、1等賞金牌 167点、2等賞銀牌 359点、3等賞銅牌 485点、褒賞 13点となりました。(地名は当時による)また、この回より試食場、売店等が設けられるようになりました。催しとしての幅の広がりが感じられます。
ちなみに出品陳列料は、甲種陳列戸棚、奥行六尺五寸 一区 二十五円と記録されています。

会場入口 (写真)会場入口

出来事

  • 九州業者大会、大分県で開催
  • 大阪市菓子生産額:1,808万6,800円
  • 長野県菓子組合連合会創立

世情

  • 愛国婦人会、児童健康相談所を開設・東京天文台が設置
  • 日本の共同募金が長崎で始まる
  • 札幌の三角山に日本初のジャンプ台
  • 信号機の設置開始
  • 流行語「プロレタリア」「二枚舌」「一蓮托生」
  • 流行歌「てるてる坊主」「どんぐりころころ」「赤い靴」「青い目の人形」「めえめえ子山羊」「七つの子」

△このページのトップへ