お菓子の博覧会

お菓子の博覧会とは

お菓子の博覧会は、お菓子の祭典としてほぼ4年に1度、全国の各地を回って開催されています。その地域のお菓子屋さんがつくっている菓子工業組合が主催しているものですが、地方自治体もバックアップする大きなイベントとなっています。

お菓子の博覧会の始まりは古く、明治44年の第1回帝国菓子飴大品評会に遡ります。戦争による一時中断はありましたが、全国のお菓子屋さんの熱意で復活し、名称を全国菓子大博覧会と変えて、1世紀にわたり、これまで26回の開催を重ねてきました。

会場では全国よりお菓子が集められ展示・即売され、また菓匠により作られた工芸菓子が披露されます。優秀な作品には皇族による総裁賞、内閣総理大臣賞、農林水産大臣賞などが授与されますが、全国菓子大博覧会での受賞は菓子業界の中でも最高の栄誉とされ、賞をもらうために全国のお菓子屋さんは日々研鑽をし続けています。皆さんは、街のお菓子屋さんの店先によく賞状が飾られているのを見たとはありませんか。

第27回全国菓子大博覧会が三重県伊勢市で平成29年4月に開催される予定です。

全国菓子大博覧会開催一覧表

回数

開催地

開催年

西暦

第26回 広 島 平成25年4月 2013
第25回 姫 路 平成20年4月 2008
第24回 熊 本 平成14年11月 2002
第23回 盛 岡 平成10年4月 1998
第22回 金 沢 平成 6 年4月 1994
第21回 松 江 平成元年4月 1989
第20回 東 京 昭和59年2月 1984
第19回 静 岡 昭和52年2月 1977
第18回 鹿児島 昭和48年2月 1973
第17回 札 幌 昭和43年6月 1968
第16回 秋 田 昭和40年4月 1965
第15回 名古屋 昭和36年4月 1961
第14回 長 崎 昭和32年3月 1957
第13回 京 都 昭和29年4月 1954
第12回 横 浜 昭和27年5月 1952
第11回 大 分 昭和14年4月 1939
第10回 仙 台 昭和10年5月 1935
第 9 回 新 潟 昭和 8 年5月 1933
第 8 回 松 山 昭和 6 年4月 1931
第 7 回 岐 阜 昭和 3 年9月 1928
第 6 回 京 城 大正15年4月 1926
第 5 回 福 岡 大正12年3月 1923
第 4 回 広 島 大正10年4月 1921
第 3 回 大 阪 大正 8 年3月 1919
第 2 回 金 沢 明治45年4月 1912
第 1 回 東 京 明治44年4月 1911

※資料「全国菓子大博覧会」(菓子飴新聞社)・各回博覧会発行記念誌

△このページのトップへ